×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NPO法人京都マック







施設紹介

京都マックには多くのアディクション≪アルコール・薬物・ギャンブル・摂食障害・買い物・インターネット等の依存症≫の回復プログラムを一緒にやっています。主にセルフヘルプのグループセラピーを中心に組み立てられ、他にスポーツ・音楽・お茶・調理実習・レクレーション・等々楽しいプログラムも盛り沢山です。いろいろな経験を通してアディクションから回復していく為に必要な知識や習慣をバランスよく身につけていきます。


ご利用について

※アディクションセンター京都マック(依存症回復の為のリハビリセンター)
  • 定員   20人
  • 通所施設 障害者総合福祉法に基づく自立訓練施設
  • 利用料  利用者個人によって異なります。(福祉サービス受給者書の取得が必要です)
  • 他費用  食事代≪昼・夜≫1日750円・マック・自助Gに行く為の交通費
  • 通所期間 個人によって異なります。(ご相談下さい)
    ※グループホーム・ケアホームにこにこハウス
  • 定員   6人
  • 入寮施設 障害者総合福祉法に基づく生活援助・介護 
  • 利用料  利用者個人によって異なります。(福祉サービス受給者書の取得が必要です)
  • 他費用 家賃1カ月42500円 光熱水費・朝・日曜日の豪華夕食分含め1日650円 
  • 入寮期間 個人よって異なります。(ご相談下さい) 



特色は…

  • アットホームな雰囲気です。年齢層も若いです。仲間が作る食事は大変においしく、楽しく食事をしています。また、京都マックでは多種のアディクションの仲間が一緒にプログラムを受けています。病気の共通の症状・生きづらさを共に分かち合います。また、アディクション別のミーティングも行い仲間同士共感を深めています。
  • 重複の診断を受けている依存症の方にも医療・福祉・他関連機関と連携を取りながら受け入れています。

主な事業、活動内容

【講演活動・メッセージ活動】
※メッセージ活動
 ★いわくら病院3病棟≪男性≫第3土曜日 ※いわくら病院7病棟≪女性≫第3火曜日
 ★第2北山病院       第2土曜日 
 ★医療少年院≪男子≫    第3木曜日 ※医療少年院≪女子≫    第2月曜日
 ★上京中学 年に1回 薬物指導
※講演活動
 ★各大学≪同志社・佛教大学・大阪体育大学≫
 ★保健センター  ※京都府保健センター
【地域のボランティア等】
 ★地域から要望があればアディクション(依存症)等について話に行きます。
 ★地域のボランティア・看護学生をマックのプログラムに参加して頂いています。
【その他】
 ※マックでお店をだしています。
 ★京都の有名な縁日、弘法さん・天神さんでお店を出しています。店番をする中でお客さんと会話を楽しんだり、社会復帰の為の練習をしています。
 ※コンサート活動 
★年に2回他の施設や団体と一緒にコンサートを開催しています。
 ※毎月の行事
 ★音楽・ヨガ・お茶会・社会見学・調理実習・スポーツレク・レク・健康セミナー等々
  グループセラピー以外の活動も多種多様に行っています。
 ※年間行事
 ★大阪マック合同花見・関西マック夏季研修・感謝の集い・紅葉狩り・迎春ワーク
  等々と仲間とスタッフで企画・運営しながら行っています。

代表者氏名、スタッフの人数

代表者氏名 楳原 節子   
スタッフの人数   7 名

同じ法人の中で併設する施設

※アディクションセンター京都マック(依存症回復の為のリハビリセンター)
★日中の活動の場です。グループセラピー・昼・夕食を楽しく取ったり、種々の活動を通してアディクションからの回復プログラムを行っています。
 ※グループホーム・ケアホームにこにこハウス
★入寮をし、集中してリハビリを受けられます。またバランスの取れた生活習慣を身につけていきます。
 ※総合福祉法に基づく相談支援事業所を開設していく予定
★主に依存症の相談・支援を行います。


<< お問合せ >>
京都マック
〒600-8363
京都市下京区大宮通り七条上る大宮3丁目18番地 
かつらぎガスビル3階
電話番号:075-741-7125 FAX番号:075-741-7126

京都マックHP