×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鹿島ダルク







施設紹介

 ダルクとは覚せい剤、シンナー、市販薬その他の薬物から開放されるプログラムを持つ民間の薬物依存リハビリ施設です。
 施設では1日2回のミーティングと1回の体力づくりのプログラムを設定しています。ミーティングとは朝9:00〜11:00までのダルクミーティングと夕方19:00〜20:30までのNA(自助グループ)の参加です。体力づくりは13:00〜15:30までサウナ、ジョギング、ソフトボール、サーフィンなど行っています。その他ボランティア活動を通して社会の人たちとコミュニケーションをとり、社会復帰へつなげて行きます。就職活動はある一定のプログラムを経過した仲間が仕事に就いています。
 施設長をはじめとするスタッフ全員が薬物経験者です。新しい入寮者は同じ悩みを抱える仲間をサポートしていきます。又、本人だけでなく家族の方々の相談、自助グループとの連携もしています。


ご利用について

【利用費】
 入寮費:初回17万円 次回より15万円(月額)
 
【入寮期間】
 9ヶ月〜1年
 


特色は…

 海が近いのでサーフィンを体力づくりに取り入れています。(施設長の趣味)
 就労プログラムに3ヶ月〜4ヶ月のクリーンタイムができた時点で入り、9ヶ月〜1年で自立してもらいます。


<< お問合せ >>
鹿島ダルク
〒314-0143 茨城県鹿島郡神栖町神栖1-6-26
電話 0299-93-2486 FAX 0299-93-5508

鹿島ダルクのホームページへ