×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NPO法人 アジア太平洋地域アディクション研究所

(略称 APARI アパリ)





施設紹介

 APARIは平成12年2月2日にNPO法人として設立されました。

 APARIの最も大事な理念は「薬物問題において、日本にないものをつくっていこう」です。 現在の日本は欧米諸国に比べ、20年以上も薬物対策が遅れているといわれています。しかし、遅れているがゆえに、日本発の、新しい薬物問題に対する取り組みが広がっていく可能性も同時に秘めています。 反対意見もAPARIにとって大切なものとしてとらえ、薬物問題で苦しんでいる全ての方々の声に応えられる組織を目指してAPARIは進んでいこうと考えています。



保釈中の刑事被告人に対する
薬物研修プログラム

 薬物事犯の初犯者は本人の希望がない限り、薬物問題の専門機関につなげることは非常に困難でした。
 そのため、執行猶予期間中に再犯を犯して実刑判決を受けたり、依存症に陥って精神病院の入退院を繰り返すといった悲劇も数多く見られています。本人の更生にとって、何よりも大切なことは、逮捕・起訴というせっかくの機会を有効に利用することです。
 APARI藤岡研修センターにおいて、保釈期間中に薬物研修を行います。また、プログラムには保釈期間中の法律相談や個人相談はもちろん、裁判後のアフターサポート等も含まれています。


日本ダルク アウェイクニングハウス

 アウェイクニング・ハウスは、アパリ研究センターが運営している薬物依存症回復のためのリハビリ施設です。

 回復のためのプログラムは1日2回のミーティング(薬物依存者同士のグループ・セラピー)を基本にしています。ミーティングは「言いっぱなし」「聞きっぱなし」が原則です。ともに生活しながら回復を目指す仲間の話に耳を傾けつつ、自らの体験を語ることによって、依存症という心の病気の根を見つめ直します。夜は外部の自助グループ「NA」(ナルコティクス・アノニマス)のグループ・ミーティングに参加します。
 ソフトボールやバトミントンなどのスポーツ・プログラム、農作業プログラム、陶芸による作業療法など、入寮者の自主性を尊重するプログラム・メニューをほかにも豊富に取り揃えています。



ご利用について

【利用費】
 アウェイクニング・ハウス:1ヶ月 \160,000
     ※このうち34,000円を生活費としてお返しいたします 
     ※生活保護受給者の方は応相談 
 サヴァイヴ:1日:\3,000
 
【入寮期間】
 本人とスタッフの話し合いにより社会生活ができると判断された時に退寮となります。



特色は…

<アウェイクニング・ハウスのプログラムの特色>

【スポーツ(バトミントン)】
 ○月曜日から金曜日までの毎日、午後の約2時間、藤岡市内の体育館を借りてスポーツ・プログラムを行っています。 バトミントン、卓球、バレーボールなど、プログラム参加者の希望に応じたさまざまな種目を取り入れています。

【スポーツ(二千階段ハイキング)】
 ○施設から車で15分くらいのところに二千階段という登山コースがあります。  標高五五〇メートルの子王山の山腹から山頂まで、丸太で作られた二千段の階段が連なっています。地元の方々が手塩に掛けて作り上げた名所です。杉木立に囲まれた登山コースには深山の霊気がたち込めていて、都会人の疲れた心身をすこやかにリフレッシュさせてくれます

【農作業プログラム】
 ○施設の敷地内の一部を開墾し、小松菜や大根、トマトなどを作っています。ある入寮者は有機肥料作りにもチャレンジし、できた肥料でハーブを育てています。  斜面が多く石だらけの土地なので、広い場所を開墾するのは不可能です。少しずつ耕し、石をどけて、畝を作り、杭を打ちながら、畑の面積を広げています。

【作業療法(陶芸プログラム)】
 ○施設に研修に来る作業療法士(OT)の方々の意見を参考にしながら、陶芸に挑戦しています。イメージした通りの 作品を完成させようと入寮者たちは夢中になりますが、現実は厳しく、なかなか思い通りには行きません。それだけに、 たまにうまく焼けたときの喜びは格別のようです。  良質の粘土を産出する藤岡は伝統的に陶芸の盛んな土地なので、ゆくゆくは地元のプロの陶芸家を講師に招いて、 本格的な陶芸教室を開講したいと思っています。

【メッセージ活動】
 ○群馬県内の学校や教会で、施設長やスタッフ、入寮者らが子供たちを相手に自らの薬物体験を語り、薬物の恐ろしさを訴えるメッセージ活動を行っています。

 



<< お問合せ >>
APARI東京本部
〒162-0055 新宿区余丁町14−4  
アパリ・インテグレーション・センター1F
電話 03-5925-8848 FAX 03-5925-8984

APARIのホームページへ